すずめっ子 その後のお話  その5
すずめっ子を自然に返して、もう随分日にちが過ぎたような気がする。

うちに連れて来られたときは、まだ朝晩は肌寒くて

夜には箱の半分をコタツに入れ、保温に注意していた。

そして今、暑い暑い夏を越えて、ほんの少しだけ秋の気配・・・



あの後、同じ巣にまたすずめが卵を産んだらしく、

ヒナの声が聞こえたらしい。

また落とすかもと心配していたけど、今度は他の親だったのか、

ちゃんとヒナを落とすこともなく育てて、

義父母は巣立ちの時も見届けれたたそうな(*^-^*)


巣立ちのとき、たくさんのすずめがそこに集まって来て、

子すずめを見守っていたと教えてくれた。

やっぱ、群れを作る鳥なんだとちょっと感動。


あの子は今、元気に空を飛んでいるのかなぁ。

それは希望でしかないけれど、

隣りの家の軒下でエサをねだる子すずめの声が聞こえると、

慌てて手でひさしを作り、見上げている私がいる。
すずめっ子のその後、その4
 今回は、虫嫌いな方はスルーされた方が良いかも(^^;)

蝶のアップの写真とかもありますので、先にご報告をば・・・




自然に帰って行ったすずめっ子。

ブログを読んでくださった何人もの方からすずめっ子応援メールをいただき、

もう、泣きそう(T▽T) どうもありがとうございました。




当日は、庭掃除をしながら、ずっと聞き耳をたてて、

子すずめがエサをねだる声が聞こえたら空を見上げ2階に駆け上がり、

ちゅんちゅんが帰ってきてるかもとどきどきした。

窓を全開にして、いつでも帰れるようにしてたけど、

やっぱり帰ってはこなかった・・・


次の日も部屋の掃除をしながら待ってた。

でも、やっぱり帰ってこなかった・・・

部屋のあちこちで逃げたイモムシやらクモやらがいて、

みんなにごめんって謝って逃がした。


お義父さんが畑でとってきてくれたキャベツとアオムシ。

虫かごの中で何匹もサナギになった。

ネットで調べたら、厚紙に木工用ボンドでそっと貼り付けていたら

蝶に孵ると書いてあったので、見つけたらそうして外に立てかけておいた。


ちゅんちゅんが行ってしまった後に、ふと見たら、ふたつがからになってた。

あぁ、無事蝶になれたのかぁと嬉しかった。

その後も知らない間にからのサナギが増えて

今日見たら、あとふたつになってて、1匹はとまってた。







羽根がわかりますね(^^)


この写真を撮ったあと、買い物行って昼ごはん食べたらもうみんないなくなってました。

そんななら、ごはん我慢しても孵るとこ見てればよかった〜〜。


ちゅんちゅんに食べさせるために、たくさんの生餌をあげました。

アオムシくんも。

無事蝶になれたアオムシくん、元気に生きてください。
すずめっ子、その後、その3
保護したすずめっ子のその後、その3


2階の部屋からは、向かいの家庭菜園が見えます。

そこには、たくさんのすずめがエサを食べに来ます。

外に関心を持つようにと、レースカーテンも開けて

外がよく見えるようにしてました。


いつ頃からか、ちゅんちゅんはずっと外を見ているようになり、

当然ながら触られることを嫌がり(触らないようにしてたけど)

飛ぶことも上手になってきて、

飛んで窓ガラスにぶつかるようになりました(_ _|||)


この頃から、もう別れは近いなと・・・

私も家族も思い始めてました・・・




5/30、朝、

朝ゴハンは食べましたが、気持ちはもう外しかないようです。

3回目のエサのときは、もう私の方は見ませんでした。

ガラスに激突して、カーテンに足を絡ませて、逆さになって・・・



私がもう耐えられなかった・・・・・・・・



砂あびの練習も途中で、エサ取りの練習も途中で、

水浴びもまだ・・・


でも、窓を開けたら、あっという間に

裏山に向かって飛んで行ってしまいました・・・


目で追ってたけど、見えなくなっちゃった

カラスの声がする・・・大丈夫かな・・・

いつでも帰って来れるように、今も2階の窓は全開にしてる。

明日、雨が降らないといいんだけど。

何度2階に上がってみても帰って来てない。

もっとお腹いっぱいにしてあげてからにすればよかった・・・


お願い、どうか元気で・・・



最後に

震災で死ぬより辛く悲しい想いをしていらっしゃる方々がたくさんいらっしゃって、

愛する人、愛するペット、愛する牛や鶏や・・・

心をえぐられるような別れの中で、

私がこんなことをブログに書き留めるのってどうなんだろうって思ってたんです・・・

でも、どうしても放っておけなくて・・・

自己満足なだけな気は最初からしてたけど・・・

ごねんね。

いろいろ、ごめん。

なんか、ごめん・・・
すずめっ子、その後、その2
保護したすずめっ子のその後、その2



 「ヒナを親すずめに返そうプロジェクト」は失敗に終わり、

こうなったら、なんとしても特訓して自然に返そうってことになりました。

この日がストレスになったのかなぁ・・・

食が細かった小さい子が次の日に・・・


我が家には2匹のネコがいて、

1階の部屋には置いてあげられません。

使っていない2階の部屋を片付けて、新聞紙を敷きまくり、

自由に飛ぶ練習ができるようにしました。


ミルワームやアオムシも、もう口には入れずに、

下に置いて自分で食べるように。

ミミズやクモやダンゴムシやゲジゲジ?や、

とにかく庭で捕まえて食べさせました。

そのうち、部屋でクモの巣やら死んだミルワームやら、

脱走したアオムシやらが・・・あぁ・・・

もちろん、部屋中フンだらけ。

でも、うちで手乗りすずめにはしてあげられない。

誰もいない2階の部屋で、ひとりぼっちでなんて。

すずめは群れを作って生活する鳥だそうだ。

この子は、落ちたときにはもう目も開いていて、

成長途中も兄弟がいて、

自分はすずめだとわかってる。

なんとしても返さなきゃ・・・・・・・・・

その3に続く
すずめっ子、その後、その1
保護したすずめっ子のその後、その1


5/21、私とダンナさんと、お義父さんとお義母さんの4人で、

朝6:00から「ヒナを親すずめに返そうプロジェクト」決行。

深めでやや小さめのダンボールに裂いた新聞紙をいっぱい入れて、

落ちていた軒下の付近に取り付けました。

実家にもネコが2匹いて、近所にもいっぱいネコがいるので、

滑車を付けてなるべくネコの手(?)の届かないところにしました。

滑車を付けていると、エサやりも脚立に上がらなくていいので便利。

しばらく様子を家の中からこっそり見ていたのですが、

親すずめか近くに巣を作っているすずめか、

近くまで寄ってきていました。

このさい、よそのすずめさんでもいいから、

この子らにごはんあげて〜〜〜〜(T△T)


お腹を空かせて大声で鳴いているのですが、

やっぱり親はきません・・・

結局5羽巣から落ちていたんだから、育児放棄だったのかなぁ。

親がネコに襲われて、帰りたくても帰れない状態ってのも考えられるし。


その後、買い物に行って、帰るとすぐにお義母さんからTELあり。

子すずめたちがダンボールの巣から落ちて、

近所を歩いていたらしく、

網でやっとのことで保護したって。

・・・よくご無事で(T△T)


結局、無理だよねって結論がでたので、

また我が家へ連れて帰りました。

その2に続く・・・
巣立ちの練習
 すずめっ子たち、今のところとても元気です。

5/18に、姉夫婦が帰郷したときも、

家に置いていくわけにいかないので、

エサから室温計からピンセットからなんやらかんやら持って帰りました。

みんな大きな口を開けてエサをねだるヒナが珍しくて

興味津々で見てました(^ー^)


エサは、練り餌やミルワーム、小松菜の摺ったやつ、

ミミズ、ササミ、お義父さんが畑から持ってきてくれる

無農薬キャベツについたアオムシ(ぷりっぷり)・・・

とにかく、考えられることは精一杯・・・

虫を探して植木鉢をどけてでっかいムカデにぎゃーと言いながら、

ピンセットでつまんだ青虫がぐりんぐりんするのもぎゃーと言いながら、

それを食べ損ねて手の上に落ちてぎゃーと言いながら。

私、ほとんどの生き物、好きだったり平気だったりなのですが、

イモムシケムシムカデは・・・苦手(泣)

でも、かわいいすずめっ子を自然に戻すまではがんばりますっっ。



だけど、いろいろ育て方をネットで調べているうちに、

野鳥を家庭で飼うことは『鳥獣保護法』という法律で

禁止されていて(なんとなくは知ってた)、

一般人がこういう野生の生き物を保護して育てる必要がある場合、

県の担当の係に届けなければいけないそうだ。

え゛っっっ! すずめもですかあぁぁぁ?Σ( ̄ロ ̄lll)。

ひとまず、ここに載ってるとこに連絡して聞いてみることに。


電話に出た優しそうなおねぇさん、親鳥に返してくださいと言う。

それは私もそう思うんだよぉ〜(T△T)

でも、実家にもうちにも猫が2匹いて、狙ってるんです・・・

「それも自然なことなので」

・・・はい、本当にそうです・・・確かにその通りです・・・

その後は、また次回に・・・
すずめっ子
5/14(土)の夕方、お義母さんが来て、ちょっと困ったような声で

「 〇〇ちゃん(←アタシ)、これ飼えるかなぁ」って。

「え?なに??」

お義母さん、エプロンのポケットから、

まだ羽毛もまばらなすずめっ子を出した。

「!!!どした〜〜〜ん?(どうしたの?)」


お義母さんの家(すぐ近く)の軒のすきまの巣から

落ちているのをお義父さんが見つけて、

巣に戻してやったんだけど、しばらくして見たらまた落ちてたんだって。

それで、以前にすずめっ子やカラスっ子を保護したことのある我が家へ。

慌ててホームセンターで「メジロのすり餌」と「ミルワーム」を買ってくる。

ミルワームはまだ無理っぽいので、取りあえずすり餌をば。

おぉ、よく食べるわ〜。

とにかく暖かくして(34〜35度)と湿度(綿に水を含ませる)にも注意。

次の日、生きてることを確認。ほっ。

1〜2時間おきにエサ。

実はちょっといろいろ用事が詰んでるんだけど・・・・

出会ってしまったのも縁ですもんね(^^)

精一杯お世話して、自然に返してあげたいです。


で、2日後(5/16)。


またお義母さんがポケットから。

2羽落ちていて、1羽はもう死んでしまってたとか。

この子は、エサの食べ方が弱いなぁ・・・心配・・・


で、その次の日(5/19)。

またポケットから・・・(^^;) 3羽目。


5/16の食の細い子は、衰弱していたのでしょうか、

18日の朝に☆に・・・


現在、2羽です。



ずいぶん羽毛が揃ってきました。

でもお腹と脇腹のあたりはまだおハゲです。



最初に保護した子は、どうも片足が良くないみたい。

移動はできるけど、すごく不安定ですぐ転ぶ。

2回落ちたのが原因?それとも栄養不足? 不明です・・・


とにかく・・・

ちょっとせわしない日々・・・
Page: 1/1   

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Entry

Archives

Category

Link

Search

Profile

Feed

Others

Mobile